創始者からのメッセージ

img_0109

キネステティクス®︎創始者     フランク・ハッチ博士(左)        レニー・マイエッタ博士(右)

 

キネステティクス®とは何か、誰のためのものか、日本のどこで学べるか

レニー・マイエッタ博士 フランク・ハッチ博士

キネステティクス®は動きに基づいた教育システムです。このプログラムは、動きに基づいた発見と、健康向上と学習のためのツールを、多くの専門家グループ(医療/介護職、教師など)、家族または個人へ提供しています。ドイツ、オーストリア、スイス、ベルギー、ルクセンブルグ、オランダ、チェコ共和国、ハンガリー、イタリア、各国と日本では、このプログラムの進め方の段階が異なります。

 

日本のどこで学ぶことができるか?

認可を受けてキネステティクス®の商品やプログラムを扱うことができるのは、一つの国で一つの組織のみです。日本では、日本人トレーナーの大多数で構成されているキネステティクス・ジャパンがその組織にあたります。この組織の日本人トレーナーは、全員私たちから直接トレーニングを受けています。私たちはキネステティクス・ジャパンと一緒に仕事をし、サポートしていけることをとても誇りに思っています。

 

名前について

40年にわたって、私たちの仕事をいくつかの名前で呼んできました。そこで何が学べるかを伝えるための言葉を探してきました。初めに使ったのはキネステティクスです。これは動きの感覚を表すキネシスと、動きの真価を知るという意味のエステティクスを組み合わせたものです。当初はジェントルダンスという、遊び心あふれる表現も使いました。キネステティクという言葉は、キネステティクス®の教育が行われている国のうち、6か国で話されているドイツ語に合っている言葉です。キネステティクス®の意図に最も適した言葉は「学ぶことを学ぶ」です。それは個人の動きに基づいた、一人一人のための学習の方法を発見するという意味です。2000年に私たちは元の名前であるキネステティクス®に戻り、2006年にはヨーロッパでマイエッタ・ハッチまたはMHキネステティクスとして拡張し、プログラムやその他のサービスの品質を保証してきました。

 

名前が表すものは?

キネステティクス®は新しいアイデアです。40年以上の間に、Kinästhetik / Kinaesthetics MHキネステティクス®のトレーナーを、ヨーロッパで2000人以上、日本でも100人近く教育してきました。その多くは私たちとともに、実践的なスキルとキネステティクス®の中心的なアイデアである「健康の向上」に関する理解を常に深めています。それ以外の人たちは、自分のビジネスを始めていますが、私たちが以前使っていた「キネステティク」など、特許を取ることができない言葉を用いて、私達と同じことをしていると思わせようとしています。私たちとそれらの個人や組織をはっきり分けなくてはなりません。なぜならキネステティクス®やMHキネステティクス®は常に進化し続けるシステムだからです。はっきりと区別することが、みなさんのためになります。

 

特定の文化のニーズに合わせてプログラムを継続的に適応させられるのは、私たちマイエッタ博士とハッチ博士とともに学び働く、キネステティクス®やMHキネステティクス®を名乗るトレ−ナーや組織だけです。

 

キネステティクス®について

キネステティクス®が焦点を当てるのは日常生活の活動です。日々の、社会での、スポーツとしての、家庭での、そして仕事での活動のすべては、動きによって構成されています。私たちは動きの6つの概念を使いますが、それは各個人の動きの感覚を再び目覚めさせます。それらの概念を使って探究的な学習をすることで、参加者は、行うことが困難な活動の動きの構成要素を学ぶことができます。参加者は、動きを適応させたり、手元にあるものを使って環境を変えたりできるようになり、リアルタイムで日常生活の活動や健康を向上させることができます。これらのスキルは、専門家だけでなく私たち個人にとっても、生産的で、かつ革新の源となります。

 

キネステティクス®がどのように文化に調和されるのか。

キネステティクス®が文化の中にどのように調和していくかは、それぞれの文化で異なります。私たちは、まず特定のグループにとって問題となる活動の分析をします。実際に問題が生じている、身体を壊してしまう危険性がある仕事の現場で、この訓練と応用は行われています。キネステティクス®での学習とその応用を状況に合わせて使い、問題に対処していくのです。

 

それぞれの文化にキネステティクス®が融合していくには、トレーナー、各国の組織(日本ではキネステティクス・ジャパン)とマイエッタ・ハッチの3者関係が重要です。そのプロセスを動かすのは、トレーナーが問題解決のために有効な応用方法や、解決が必要な新たな問題について、情報交換することです。

 

私たちとキネステティクス・ジャパンが、キネステティクス®を日本の文化の中で共に発展させていく関係が築けたことを、本当に嬉しく思っています。

img_0110

Dr. Lenny Maietta レニー・マイエッタ博士

Dr. Frank Hatch フランク・ハッチ博士

 

 

※日本で唯一「キネステティクス®」の情報配信を行なっております。

 

一般社団法人 キネステティクス・ジャパン

Web http://www.kinaesthetics.jp

お問い合わせ:質問・お問い合わせはこちら

 

キネステティクスとは